スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SQLiteでケース文

SQLiteでも、下記のようにケース文が使用できる。

SELECT
CASE COL1 WHEN 0 THEN 0 ELSE (COL2 -COL1) END COLA
FROM
TABLE1
スポンサーサイト

SQLiteで複数プライマリキーの設定

SQLiteでテーブル作成時に、複数のプライマリキーを設定する場合は、
下記のようにする。

CREATE TABLE テーブル名
(カラム名1 INTEGER,
カラム名2 INTEGER,
カラム名3 TEXT,
カラム名4 DATE,
PRIMARY KEY (カラム名1, カラム名2));

SQLiteでシステム日付の取得

SQLiteでシステム日付を取得する際の関数は、下記で取得できる。
datetime('now')

タイムゾーンを考慮する場合は、下記のようにすればよい。
datetime('now', 'localtime')

SQLiteでランダムソート

SQLでランダムにソートしたい場合、乱数を取得する関数を使用すればよい。
SQLiteでは、下記のような感じ。

「SELECT * FROM (テーブル名) ORDER BY RANDOM();」
検索フォーム


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。