スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Android DBのバージョン管理

「SQLiteOpenHelper」を使用すれば、DBのアップグレードが簡単に行える。


下記のように、バージョンをパラメータとするコンストラクタを
用意しておけば、生成時に現在のバージョンと異なる場合に
onUpgradeメソッドが呼ばれるので、その中でアップグレード時の処理を
記述すればよい。


public class DatabaseHelper extends SQLiteOpenHelper {

private Context context = null;

private static final String DATABASE_NAME = "DB_TEST";
public DatabaseHelper(Context context, int version) {
super(context, DATABASE_NAME, null, version);
this.context = context;
}

@Override
public void onCreate(SQLiteDatabase db) {
・・・
}

@Override
public void onUpgrade(SQLiteDatabase db, int oldVersion, int newVersion) {
・・・
}
}
スポンサーサイト
検索フォーム


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。