スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一定時間後に処理を実行する

Javaで、一定時間後に処理を実行するには、「Timer」を使用する。

下記はのサンプルは、5秒後に「Disposal」クラスが実行される。

≪サンプルPG≫
package jp.estupendo;

import java.text.SimpleDateFormat;
import java.util.Calendar;
import java.util.Timer;
import java.util.TimerTask;

public class TestTimer {

/**
* @param args
*/
public static void main(String[] args) {
SimpleDateFormat sdf = new SimpleDateFormat("yyyy-MM-dd HH:mm:ss");
System.out.println(sdf.format(Calendar.getInstance().getTime()));
new TestTimer();
}

public TestTimer() {
Timer timer = new Timer();
timer.schedule(new Disposal(), 5000, 1);
}


class Disposal extends TimerTask {
public void run() {
SimpleDateFormat sdf = new SimpleDateFormat("yyyy-MM-dd HH:mm:ss");
System.out.println(sdf.format(Calendar.getInstance().getTime()));
cancel();
}
}
}
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。